スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > 学歴の耐えられない軽さ やばくないか、その大学、その会社、その常識 [by 海老原 嗣生 (著) ]

学歴の耐えられない軽さ やばくないか、その大学、その会社、その常識 [by 海老原 嗣生 (著) ]

2010-06-04
学歴の耐えられない軽さ やばくないか、その大学、その会社、その常識 学歴の耐えられない軽さ やばくないか、その大学、その会社、その常識

朝日新聞出版 2009-12-18
売り上げランキング : 14918
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2010/06/06

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『学歴ってなぜそんなに大事なの?』

   大学名は本当に役に立つのか
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『学歴のインフレーション』   『ランキング病』

 『不況という人材循環弁』   『150人』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『大学の名前はなぜ珍重されるのか?』
                              
   いまだに。。。というところはありますが
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『ラベルを珍重する理由』
 ▼『学歴のインフレーション』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『ラベルを珍重する理由』
  学歴ってなんだろう?

  って考えてみるのが本著を手に取った理由でもあります。

  本著の紹介でもでてきますが、「ドラゴン桜」「エンゼルバンク」
  などで著名な三田さんの漫画の「エンゼルバンク」の
  登場人物のモデルとなっているのが著者の海老沢さん。

  漫画の中でも、世間一般で信じられているいわゆる
  「都市伝説」を次々とひっくり返していくのですが
  本著でも「学歴」という都市伝説をつぎつぎにひっくり返していきます。

  
  では、そんな「学歴」をいまだに世間が珍重する
  理由って何だろうか?と考えてみましょう。

  これまでの企業採用で学歴採用がなぜうまくいったのか?
  について本著ではこのようなキーワードがでてきます。

  「大多数の優等生と少数の異能者」

  大学入試という難関を突破する学生=学歴を持つ学生
  には、必ず下記の3つの能力のうち1つは備わっていると言います

   ・地頭がいい
   ・要領よくツボを把握できる
   ・継続的にがんばれる

  どれか一つを持つ人材は、企業にとって見れば優秀な人材であるわけです。

  そしてどんな組織=大学であっても、必ずそこには
  「異端児」は存在します。

  そこで、学歴を元に採用を行っていけば
  優等生=3つの能力のどれかを持っていて、企業活動に適した人材
  を採用しながら、「有能な異端児」を採用することが出来る可能性が
  高まるので、結果的に企業として活動がうまくいったわけです。

  
  ところが・・・・現在ではこの「3つの能力のどれかを持っている」
  という前提が崩れてきてしまっているのです・・・
  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『学歴のインフレーション』
  「3つの能力」を持っている可能性がなぜ下がるのか?

  それは、「高学歴」が昔と比べて
  違った意味を持ってきているのではないかと
  本著からは読み取れます。

  というのは、、、現在子供の人口は知っての通り
  少子化によって減少しているという現実があります。

  では子供の数が減った分だけ
  大学生の数が減っているのか?というとそんなことは
  決してありません。

  逆に「大学全入時代」といわれるほど
  大学全体の定員と、志願者数はほぼ同じになっていて
  大学さえ選ばなければどこかには入れる時代になりました。

  ということは・・・
  昔に比べてみれば、子供全体の能力が上がらない限り
  「学歴」による選別のレベルは下がってしまうわけです。

  興味深い戦略が本著で書かれています。
  有名な私立大学の例として「早稲田大学」と「慶應大学」の
  話が解説されています。

  共に大学としてのブランドは最強。
  その少子化における2つの戦略とは?

  詳細はおもしろいのでぜひ本著を読んでいただきたいのですが
  いかに「学歴ブランド」が意味がないのか?
  についてのおもしろい考察になっているのです。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『ブランドはネタに過ぎない』
                              
   最初のとっかかりの後は本人の実力と結果次第
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 学歴信仰とそのブランド力はつねに「正しい」という意見と
 「全く当たらない」という意見が相反します。

 私自身、大学と大学院を卒業させていただいているせいか
 そちら系の話は常に一生ネタになるでしょう。
 
 ええ、ネタに(笑)

 ブランド自体が浸透していますから
 ネタには事欠きませんが、それ以上でもそれ以下でもありません。

 ラベルの名前で勝負できるのは、最初だけ。
 あとは自分の実力で積み上げていくしかないのです。

 その点、学歴に限らず
 ブランドにあぐらをかいてしまうのか
 それとも、コミュニケーション能力始め
 自分の能力を高めていくことによって勝負するのか?

 当たり前のことですが、再度考えるいいチャンスですね。

学歴の耐えられない軽さ やばくないか、その大学、その会社、その常識
学歴の耐えられない軽さ やばくないか、その大学、その会社、その常識

関連記事:


 

自己啓発の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.