スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > 「借金100億円」でも不安にならないお金の教科書[by 北川邦弘(著)]

「借金100億円」でも不安にならないお金の教科書[by 北川邦弘(著)]

2015-12-29

「借金100億円」でも不安にならないお金の教科書―「下流老人」にならないお金の増やし方、使い方

献本御礼。

2015年流行語になった?とまでいえるかどうか
調べてないのでわかりませんが
「下流老人」「老後破産」というキーワードがあります。

老後に困らないために、いま投資しましょう。

という時にはかならず出てくる言葉ではないでしょうか。

実際に、どういう生活をしたり
どんなお金の使い方をしていたら、老後に困るのか。

その数字を抑えずに不安になっていても
なにもはじまらないし、解決しません。

単に「老後破産」という言葉に踊らされるだけで
実は、坂道の転がり落ちるスピードを上げてしまっているだけの可能性だって
あるわけです。
#えいやと決めた投資が詐欺だったりしたら。

ではどうしたらいいのか?

と言うときに、本著で著者の北川さんは
具体的なことをいろいろと数字で押さえてみることを
お話しされています。

例えば、そもそも老後っていくらお金が必要なの?
インフレになるかそうじゃないかでどれくらい違うの?

簡易的に計算する方法が本著ではでてきますが
エクセルファイルとか使えば、実はあるていど厳密な数字を
得ることもできます。

エンジニア脳なわたしは、エクセルをつくって
インフレ率をかけてとかやっているとどんどん楽しくなって(笑)
作り込んでしまったくらいです。

安全確実な未来なんて、どこにもありません!

と北川さんがかかれているとおり
決まり切った未来などはない。

だからこそ、不安になりそうなことは
最低何がわかっていればいいのか、
わからない不安を解消していった上で
できることをがんばっていく前向きな気持ちになるだけで
人生何とかなるもんだと思っている私でした。

なっていない未来の悪いことに、いま不安になってどうするの?

という話をどこかで聞いたのですが
まさにとおもいます。

どこまで悪くなる可能性があるのか?だけ数字で
抑えればそれ以下にはならないわけですからね。

 

「借金100億円」でも不安にならないお金の教科書―「下流老人」にならないお金の増やし方、使い方


 

自己啓発の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2017 <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.