スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > 励ま詩 もう頑張れないと思ったアナタへの30の「力」 [by 野崎 美夫 (著)]

励ま詩 もう頑張れないと思ったアナタへの30の「力」 [by 野崎 美夫 (著)]

2010-08-06
励ま詩 もう頑張れないと思ったアナタへの30の「力」 励ま詩 もう頑張れないと思ったアナタへの30の「力」
野崎 美夫

マガジンハウス 2010-07-29
売り上げランキング : 23
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2010/08/06

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『自分も、他の人も励ましたい!とおもったら』

   応援のメッセージです
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『再起力』   『修行力』

 『道具力』   『準備力』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『壁にぶつかったとき、どうやって励ましましたか?』
                              
   誰にでも壁はあります
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『再起力:転んだ数よりもひとつ多く』
 ▼『決行力:傘がなければ・・』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『再起力:転んだ数よりもひとつ多く』
  本著の著者野崎さんには、ここ最近御世話になることが
  非常に多い私。

  野崎さんの普段のお話しのされ方や
  行動・実績などを拝見していると
  とても素晴らしい方だと言うことはよくわかっていました。

  わかっていたものの、その背景にある
  人生の出来事がこんなにいろいろと経験されていたんだと。

  私がいつも大事にしたいなと思うことは
  これまでに体験したことがないことを経験すること。

  なのでおもしろそうなお誘いには
  ほいほいついていくわけですがw

  そんな「実体験」をたくさんされているからこそ
  野崎さんはすごいわけです。

  その本著に出てくる一つの実例が
  野崎さんが人生最大の失敗として書き出しが始まる
  「再起力」

  くわしい内容はぜひ本著をお読みいただければと思いますが
  その中で書かれている一節が
   
    転んだ数よりひとつ多く立ち上がればいい
  
  という言葉。

  1回も転んだことがないひとは、転び方もわからないだろうし
  そして起き上がり方もわからない。

  でも、たくさん転んでいても
  毎回ちゃんと起き上がってくれば最終的には
  力強くたっていられる。
  そして立ち上がるたびに新しい決意ができる

  そんな風におもうわけです。

  転んでいる真っ最中は、かっこわるくて
  人にみせられないかもしれないけど
  立ち上がった後で「あんなにかっこわるかったんだよね」

  と、自分の周りの人に笑い話として
  語れる人間になれればいいなと強く思いました。

 
  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『決行力:傘がなければ・・』
  いつも自分自身への戒めとしても
  書かせていただくのですが

    無知であることは罪である

    知っていてやらないことはもっと罪である

  という趣旨の言葉があります。

  
  世の中には自分の知らないことがたくさんあると
  常に思っているので、いつも探求心旺盛にいようと
  志していますが
  もうひとつの、知っていても行動しないと言うことが
  あるかもしれないと常に自問自答しています。

  そんな私に本著の冒頭に野崎さんが書かれた一節が
  とってもヒットしました。

  
    踏み出せない理由を探さない
  
    踏み出せない自分を許さない

    人生は雨天決行 傘がなければ濡れていけばいい

  そう。雨がふったからといって休んでいては
  子どもの頃によく聞いた「カメハメハ大王の子ども達」
  のようになってしまいます(笑)

  
  常に雨が降ろうが槍が降ろうが、どんなときでも
  前に進む。

  前に進むために必要な努力はする
  (槍ならばよけるような盾をもつとか)

  そんな風に考えて「決行する」人生を
  送っていかないといけませんね。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『自分に出来ないことはないはず』
                              
   壁は乗り越えるためにあると言うことを思い出す
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 野崎さんと初めてお会いしたのは
 たぶん1年くらい前だったと思います。

 お酒を飲むとおもしろい方になると言う噂は
 聞いていて、その通りの方でした(笑)

 でもそれって、「深い人生」を送ってきたからこその
 いろんな要素が混ざって「おもしろい人」になることが
 できるんだということを漠然と感じていましたが
 今回の本著を読んであらためてそう思う次第です。

 人生であまり山も谷も経験値が少ない私としては
 より深みを持っている人生を送られている方を
 尊敬しますからね。

励ま詩 もう頑張れないと思ったアナタへの30の「力」
励ま詩 もう頑張れないと思ったアナタへの30の「力」

関連記事:


 

自己啓発の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2019 <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.