スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > 勝つまで戦う 渡邉美樹の超常思考 [by 渡邉 美樹 (著) ]

勝つまで戦う 渡邉美樹の超常思考 [by 渡邉 美樹 (著) ]

2009-08-07
勝つまで戦う 渡邉美樹の超常思考 (講談社BIZ) 勝つまで戦う 渡邉美樹の超常思考 (講談社BIZ)

講談社 2009-07-31
売り上げランキング : 144
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2009/08/07

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『ワタミの思考の軸とは?』

   社長を辞めたのもその一環
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『存在対効果』   『方程式を見つける』

 『ピタリと重ねる』   『モデルをつくる』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『時代に負けないとは?』
                              
   これからの私たちに必要なことです
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『あなたの「存在対効果」はそれで十分か?』
 ▼『方程式があって「計器飛行」ができるようになる』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『あなたの「存在対効果」はそれで十分か?』
  ビジネスを考えるとき、いつも考えることがありません?
  それは「費用対効果」というキーワード。

  投下した投資に対して、どれだけのリターンを得られたのか?
  という点から、判断がただしかったのかどうか?
  を決めるという考え方なわけですが・・・

  今回、渡邉さんが提唱されているのは
  さらに一歩すすんだテーマ「存在対効果」というキーワードです。

  これは「すべての人は存在しているだけで、他人に対する責任が生まれる」
  という渡邊さんの考え方を体現したもの。
  
  つまり、ご飯が食べられること、勉強できること、
  仕事に就けること、すべてそのように生きさせてもらっていること
  なのだから、それに対する責任を持って
  自らの存在は「効果がある」のだろうか?と常に考えようということです。

  私たちはいろんなものを消費したり
  いろいろな方のお世話になって生きています。

  である以上、その想いを無駄にすることなく「自分の価値を高めていこう」
  と言う考え方には非常に共感するものがありますね。
  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『方程式があって「計器飛行」ができるようになる』
  ヘリコプターに最近乗ると、きもちがいいなー(笑)
  という感情面の他に、ひとつ飛行機との大きなちがいを
  感じることがあります。

  それは「基本は有視界飛行である」ということ。
  
  意味のわからないキーワードに聞こえるかもしれませんが
  読んだ文字そのままで「パイロットさんの視界にたよった飛行」
  ということです。

  つまり晴れている日は視界がきちんと広がっている状態で
  先の先まで見通すことができますが
  これが曇ってしまうと、とたんに視界がゼロになったりします。

  すると、晴れているときの操縦は、新米パイロットでもできますが
  曇ってしまって、最悪視界がゼロになるとベテランのパイロットさんでも
  危ない可能性がでてくるのです。

  先が見えない雲の向こうに何があるかわかりませんからね。

  では、翻って飛行機。
  特にその大きさが大きくなればなるほど「計器飛行」が
  主流となります。
  
  いわゆるオートパイロットという奴ですが
  すべて設定があり、そのときの状態を測定して
  その結果のフィードバックから自動で飛び続けることが
  できるのです。

  さて、経営にこの考え方を置き換えてみると・・

  社長という馬力が圧倒的なエンジンがなくても
  会社が回っていくためには・・

  「何をチェックして、抑えておけばいいのか」という
  方程式を持っているか否かというポイントになるわけです。

  常に現場ではりついて判断していなくても
  数字として抑えておくべき事がわかっていれば
  飛行機の「計器飛行」のように経営にとりくめると。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『「存在対効果」を意識してみよう』
                              
   自分の存在にきちんと価値があるかどうか
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 自分自身が存在していることで、
 社会の役に立っているかどうか?

 これって人間の欲求だったりします。
 誰の役にも立っていない、と自分を認識できる人は
 いませんからね。

 であるならば、さらに一歩進めて
 それが自己満足に終わっていないのか?

 という点に関してもきちんと頭を回してみたいところです。

勝つまで戦う 渡邉美樹の超常思考
勝つまで戦う 渡邉美樹の超常思考

関連記事:


 

自己啓発の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.