スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > 一天地六の法則 [by カカトコリ (著)]

一天地六の法則 [by カカトコリ (著)]

2009-08-05
一天地六の法則 一天地六の法則

サンマーク出版 2009-08-04
売り上げランキング : 287
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2009/08/05

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『タイトルも著者名もよくわからない・・』

   どちらも普段聞かない言葉ですからね
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『常識を、疑え』   『生きるとは賽(さい)を振ること』

 『頭があるのは何のため?』   『時間旅行ができる』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『常識ってなんで疑うの?』
                              
   必要なものと必定じゃないものがあります
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『日の丸は左に一パーセントずれている』
 ▼『転んだらタダでは起きるな』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『日の丸は左に一パーセントずれている』
  本著の一番最初のテーマでお話しされているのが
  日本の国旗である「日の丸」のこと。

  誰もが知っている「白地に赤丸」の日の丸です。
  今の日本に生きている人であれば、生まれたときから
  ずっと眺めているはず国旗ですが、さて・・・

  実は、中心線に対して日の丸の位置が
  左に1%ずれているということをご存じですか??

  
  当然ながらわたしもはっきり言ってしりませんでした。
  このデザインの意図は、人間の目の特性に基づいているのだそうです。
 
  というのは、人の目は正中線にたいして丸い図形をおかれると
  左右対称であっても違和感を覚えるという特性があるそうで
  それを緩和するために1%だけ微調整しているそうなのです。

  もちろんこんな事実を知らないから
  日の丸のことを知らないと言うことではありません。

  そうではなく、自分が認識したことが100%ではない
  ということを「当たり前」だと思っていた事例から
  知って欲しいと言うことです。

  「常識」として思っていることは
  私やあなたのとなりにいる別の人にとって見れば
  「非常識」かもしれませんし、かもしれないどころか
  常識ではない可能性の方が高いのだと言うこと。

  我々人間は、「知らないこと」に関しては
  その内容を語る言葉を持っていません。
  
  書籍、伝聞、実際の体験など
  すべてを自分の「感覚」を通して理解することではじめて
  説明できるのですから、常識を100%金科玉条のように
  正しいと思い続けることだけは
  戒めないといけないですね。
  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『転んだらタダでは起きるな』
  失敗というものは必ず起こってしまうもの。

  どんなに注意をしても、100%完璧な達成率で
  人生を終えると言うことはできません。

  これができるとしたら・・・バグが一切なしのコンピュータか
  全く息をしない人間のどちらか(=なにもしないので)
  でしかないと思うからです。

  ということは、必ず起こってしまう「なんらかの失敗」

  この時にどうするのか?と言うことが問われるわけですね。

  特に、自分がした失敗というものは強く印象に残るはず。
  感情が「やばいやばい」と揺れ動くからです。

  
  ということは、部下やスタッフがしてしまった失敗を
  簡単にフォローしてはいけないということになります。

  というのは、やってしまった失敗をリカバリーすることで
  得られる学びや成長を勝手に奪ってしまう権利はないからですね。

  失敗はどうしても起こってしまうもの。
  だと考えれば
    
   ・個人の責任追及ではなく、起こる可能性を減らすための
    仕組み作りはできないか?
      => 大体の場合、仕組みが出来るとそれ以前よりも
        全体が楽になります。

   ・起こってしまった問題から、実は新しいビジネスの種がないか?
      => 経験した人しかわからない、「想い」があるはず。

  なんていろんなチャンスがあるわけです。

  せっかく痛い想いをしたのであれば
  そこから何かをGETしたいないと、もったいないですから。
     

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『転んだらタダでは起きない。』
                              
   であるからこそ、いろいろと伸びていくことができる
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 本著は83個のヒントを、見開きの2ページをつかって
 解説していく内容になっています。

 順番によむというスタイルではなく
 目次を見て、気になったところを最初に読む
 というスタンスで取り組むと、とっても得るものが
 大きいのかなと思いました。

 今回の著者、カカトコリさんとは数年来のおつきあいがありますが
 最初に、WEB上で名前を見たときに「???」となったことを
 覚えています。

 それを言うならば、私のニックネーム「まるるちゃん」も
 どうかとは思いますが(笑)

 そんな「一風変わっている」キャラクターがあるからこそ
 いろんなヒントを、次の種に変えられるのかもしれませんね。

一天地六の法則
一天地六の法則

関連記事:


 

自己啓発の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.