スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > 自分を不幸にしない13の習慣 [by 小川忠洋 (著)]

自分を不幸にしない13の習慣 [by 小川忠洋 (著)]

2008-12-29
自分を不幸にしない13の習慣
自分を不幸にしない13の習慣 小川忠洋

アスコム 2008-10-03
売り上げランキング : 6229

おすすめ平均 star
star予想、期待以上の本を久々に読みました。
star幸せになりました。
star目標は「結果」ではなく「プロセス」を設定する

Amazonで詳しく見る by G-Tools

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『人生を決定づける習慣とは?』

   習慣は大きな力を持ちます
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『サイコサイバネティックス』   『ゴールへ自動的に』

 『ゴール=幸せ』   『心の映画館』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『人生を幸福にする習慣とは』
                              
   身につけようと思います
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『人間には内側の顔、心の顔がある』
 ▼『幸福も不幸も習慣である』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『人間には内側の顔、心の顔がある』
  本著は、冒頭であるエピソードから始まります。
  
  交通事故で顔にケガを負った女性が、手術によって
  完治します。

  しかしながら・・・外から見る分には全く傷が残っていないのに
  彼女の感じていることは・・・

  手術前と何も変わっていないというのです。
  顔がきれいになっても、心で感じている気持ちは
  何も変わらないと。

  よくよく話を聞いてみると、彼女には婚約者がいました。
  でも、事故をきっかけに別れることになってしまい・・・
  その理由を「顔のケガ」だと思うことにした彼女は
  手術をしても彼は戻ってこないことから
  感じている気持ちに何も変化が起こらずに
  自分を責めてばかりいるのでした。

  ここで・・・発見したことは
  「人には、外から見える外見だけではなく
   内側の顔、心の顔がある」という事実です。

  自分自身が自分のことをどのように評価しているのか?
  どのように感じているのか?
  ということは、外から見える外見とは関係ない場合がある
  ということ。

  【エンビジ】をお読みのあなたであれば
  セルフイメージという言葉を聞いたことがあるとおもいます。

  このセルフイメージは本著では
  「自分自身の設計図」であるととらえています。

  どんなに大きな橋やビルも、設計図無しでは作ることができないように
  人も設計図通りにできあがってしまうもの。

  そう考えると、自分自身への評価=設計図である
  セルフイメージがどのようなものであるか?
  というのは私たちの将来を決めるものであるといえます。

  
  で、問題であることは一旦できあがってしまったセルフイメージは
  行動を変えることではなかなか変えることができないと
  思われること。

  というのはセルフイメージに基づいて行動することは多くても
  その逆はなかなかないからではないでしょうか。

  社交的だ!と思っている人は、常に人との交流が苦になりません。
  しかし、人との行動をたくさんしたからと言って
  嫌だ!と感じているセルフイメージ=人は苦手
  ということはなかなか変わらず、自分が苦手であることを
  再確認するだけで終わっていませんか?

  このセルフイメージを変えるには一体どうしたらいいのでしょうか・・・
  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『幸福も不幸も習慣である』
  さて、前回までに書かせてもらった「セルフイメージ」
  行動の元になるものですから、行動を変えることで
  変化させるのは原因と結果が逆になってしまいます

  そこでどうするのか?といえば。。
  行動ではなく、「思考」を変えることで実現できます。

  その例として「想像妊娠」という言葉を
  聞いたことがあるでしょうか?

  これは・・・本著を引用すると
    実際には体は妊娠していないにもかかわらず
       (中略)
    実際につわりが起きたり生理が止まったり
    おなかが張ったりします。

  そう、現実には妊娠していないのですが
  妊娠しているかの「反応」が見られるのです。

  ここで重要なのは「事実」ではなく
  私たちが感じた「思考」から行動が生まれると言うこと。

  「思考は現実化する」という名著でもとりあげられている
  ように、考えている私たちの「解釈」がそのまま
  現実になるように、体が反応してしまうのです。

  ということは・・・考えることを変えることによって
  行動が変化する。そのために「結果」も変わるという
  因果関係が成立します。

  ところで「思考」には2つの思考があることを
  知っていますか?

  【エンビジ】をお読みのあなたならば理解しているとおり 
  「意識的な思考」と「無意識の思考」です。

  前者は、こうしよう!変えよう!とすることで
  仮に一時的であっても変更することが可能ですが
  後者の「無意識の思考」はちゃんとしないと
  変えることができないと私は思っています。

  無意識の思考は、さらに2つあると思っていて
  「本能的」なものと「習慣的」なものです。

  心臓を動かす!というのは当然本能的なものですね。
  動かしたくない!という人はまずいないでしょうから(笑)

  そこで重要になってくるのは「習慣的」な思考。
  当たり前のように日々を送る際に、行動する基盤となっている
  思考のこと。

  無意識だから怖いのは「自動操縦的」に行動を
  決めて目標に向かっていってしまうことです。

  仮に客観的に見てよくないことを目標にしていても
  それが自動操縦的な習慣的思考であれば
  きちんと目標は達成されてしまいます。

  そこで、この「習慣的思考」を修正するにはどうするのか?
  というと本著では「サーボメカニズム」を提唱していると
  私は思います。

  これは、能動的な目標設定に対して
  仮にずれている結果が得られたならば、それを修正する
  フィードバックを働かせるシステムのこと。

  目標に向かって「無意識」に向かっていく行動を
  フィードバックによって修正していく考え方で
  自動誘導システムのミサイルと一緒です。

  ミサイルと一緒と言うことはフィードバックさえ
  きちんと働かすことができれば
  最終的に目標に命中させることが出来ますよね?

  だからこそ、目標として得られる
  幸福も不幸も「習慣」であるといえるのではないでしょうか
  

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『幸福も不幸も習慣である』
                              
   だからこそ、習慣にフィードバックをかけよう
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 習慣という言葉を改めて振り返ってみると
 「毎日の行動」で無意識で繰り返していることが
 たくさんあることにあらためて愕然としました。

 食事、呼吸、睡眠は当然のことながら
 24時間の時間の内で、無意識で動いている時間が
 ほぼ80%近いことに。

 残りの20%を意識的によい行動を心がけたとしても
 80対20の法則ではないですが
 無意識の80%には絶対に勝てません。

 だからこそ、ターゲットを設定して
 誘導ミサイルを命中させるような仕組みを
 自分の中にくみ上げていくことが、成功につながる道なのですね。

自分を不幸にしない13の習慣
自分を不幸にしない13の習慣 小川忠洋

アスコム 2008-10-03
売り上げランキング : 6229

おすすめ平均 star
star予想、期待以上の本を久々に読みました。
star幸せになりました。
star目標は「結果」ではなく「プロセス」を設定する

Amazonで詳しく見る by G-Tools

関連記事:


 

自己啓発の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.