スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > プロの学び力 [by 清水 久三子 (著)]

プロの学び力 [by 清水 久三子 (著)]

2007-12-13
プロの学び力 プロの学び力
清水 久三子

東洋経済新報社 2007-11-23
売り上げランキング : 4487
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2007/12/15

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『稼ぎにつながる学びとは?』

   楽しいだけではありません。
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『アダルトラーニング』   『最速で効率よく』

 『応用力』   『漫画』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『せっかくの学習を稼ぎにつなげるには?』
                              
   普通の学びとの違いは?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『アダルトラーニングとチャイルドエデュケーション』
 ▼『学びを体系化する』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『アダルトラーニングとチャイルドエデュケーション』
  「アダルト」「チャイルド」

  えーと、怪しげな夜の想像をした人は
  ご退場下さい(笑)

  学生の頃の学び=教育では
  本分が学ぶことであり、学ばないという選択肢は
  その職業自体を放棄している行為となりますが
  社会人となると、、、実は「学び」は
  仕事の本分ではなくなります。

  ですから、「勉強する必要」がない限り
  勉強しないという選択肢を取って仕事をしていくことは
  可能になってしまうのです。

  ということは・・・強い意志や目的をもっていないと・・・
  「学ぶ」という行動を起こすことすら難しく
  なってしまいます。

  まずここに大きな壁があるのですが
  次にこの「行動を起こす」壁を突破したとしても・・・

  稼ぎというバリューを生み出すためには、
  まだまだ壁があります(泣)

  その大きな一つは、本著の言葉を借りると
  「9割の人が学んだだけで終わってしまっている」という事実。

  つまり、学んだ結果「知っている」という知識のレベルだったり
  「やったことがある」という経験のレベルでとどまってしまうため
  ビジネスとしての価値を生み出すことができていないのです。

  そりゃそうだよーと思います?
  たしかに「経験」まではだれでもできるし
  そこまでだと価値がないのも事実なのですが
  この「経験」をしていると。。。あともう少しがんばるだけで
  次の価値を生み出す段階にたどりつけるのに・・・と
  本著で書かれているとまるるちゃんは理解しています。

  ではなぜここで止まってしまうか?
  というと、自分の仕事を進めていくだけであれば
  この「経験知」で十分足りてしまうことが多いという事実と
  「チャイルドエデュケーション」としてこれまでに受けてきた
  教育というモノがこの「経験を知る」というレベルで◎である
  ということからではないかと、本著で清水さんが語っています。

  では、どうしていくといいのでしょうか・・・
  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『学びを体系化する』
  そのせっかくの勉強を「稼ぎ」に変えるためには
  簡単に言えば「学びを体系化」することが
  もっとも大事なことです。

  
  というのは、具体例を知り・経験しただけでは
  そのまねごとしかできません。

  つまり、教えてもらった以上の「価値」を生み出すことが
  できないわけです。
  #時間をかければ、価値の総量は増大するかもしれませんが
  #時間あたりの単価は低いままです。。

  ところが、これを「自分の体系」として昇華することが
  できれば、自分流の流儀ができ
  自分だけが付加することができる「価値」がうまれてきます。

  そしてこれまでにやったことがない分野であっても 
  自分の「体系」をもっていますから
  切り込んでいくことができ、自分の「学び」にも
  フィードバックがかかる、一番「成長する」ステージでも
  あると清水さんはおっしゃっています。

  ここまで良いことづくめであれば「体系化したい」と
  だれでも思うのではないでしょうか?
  でも、誰もが出来ずに辞めてしまう。

  それは・・・・「本質を理解する」ことの
  困難さに起因していると思われるのです。

  本質の理解とは「物事を因数分解」できるかどうかでは
  ないかと、本著が語っているとまるるちゃんは思っています。

  難しそうに見えること、混乱しているように見えることが
  ずばっと、言い表すことができる能力を持っているかどうか。
  
  もちろん、その言い表したつもりの「本質」が100%正しいかどうか
  これはわかりません。
  でも、、たくさんの場数を踏み繰り返して取り組んでいくと
  その精度はどんどんと上がってくると思うのです。

  実際、5年以上前のまるるちゃんの場合
  インターネットでビジネスをすることを全く想定していませんでしたから
  そのカテゴリにおいて、何が本質で何をすればいいのか?
  そんなことは全く分かっていませんでした。

  今でも、駆け出しですからまだまだですが
  それでも、そのやるべきことを見る「精度」というものは
  どんどんと上がってきていると思うのです。

  そして「精度」が上がれば、周りからも
  この人に相談すればと思ってもらえますから
  ますます、事例を経験するチャンスが増えて
  正のスパイラルにはいっていけるのですから
  最初の「体系化」のところにたどり着けるかどうかと言うのは
  「稼ぎ」につながるかどうかの「関門」であると
  いえるかもしれませんね。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『アダルトラーニングを追求する』
                              
   仕事につながってこその学び
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 「学ぶ」ことはとても楽しいことです。
 知的好奇心が刺激されるので、どんどん学びたいと。

 そうではなくて、「学ぶ」ことが苦痛で仕方ない
 という方は、ビジネス書を読むことに興味がないでしょうから
 【エンビジ】も読んでいないかと(笑)

 でも・・・その楽しさに「埋もれて」しまうと
 せっかくの学びがそこで終わってしまいます。
 なぜなら「そこが楽しいから」。

 
 まるるちゃんもどちらかというと「学ぶ」ことの
 楽しさに浸ってしまい、その先に進めなくなるときがあります。
 現時点での考え方は「学ぶ」ことの楽しさを享受しながらも
 その先につながるカテゴリを選別している。

 そんな風に自分の状況を捉えています。

 でないと。。。学ぶだけで終わってしまっては
 「ビジネス=稼ぎ」にはつながらないままの自己満足に
 おわってしまいますからね。

 一般的に言う「ノウハウコレクター」とも
 言われるモノに・・・

プロの学び力
プロの学び力

関連記事:


 

自己啓発の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.