スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > 宋文洲の傍目八目 [by 宋 文洲 (著)

宋文洲の傍目八目 [by 宋 文洲 (著)

2007-06-07
宋文洲の傍目八目 宋文洲の傍目八目
宋 文洲

日経BP社 2007-04-12
売り上げランキング : 1451
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2007/06/16

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『「常識」は正しいですか?』

   別の視点から眺めてみると・・・
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『当事者が』   『靖国神社』

 『「精神論」のウソ』   『密告・通報』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『物事を見る目を養うための着眼点は?』
                              
   何を違和感と感じるか
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『政治思想と宗教信仰-靖国神社と遊就館』
 ▼『「精神論」のウソ』
 ▼『日本は本当に環境先進国か?』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『政治思想と宗教信仰-靖国神社と遊就館』
  最初に断っておきますが、【エンビジ】で
  政治的体制や宗教観を論じたり、押しつけたり
  するつもりは全くありません。

  まるるちゃん自身、「絶対不可侵な基準」というものが
  世の中には存在しないと思っています。

  見る人によって立場が異なること
  そして、時間が流れていったら同じ人でもかわる可能性がある
  そう思っているからです。

  さて、その前提で本著で触れられている話
  「中国人の僕が靖国神社に行きました」からご紹介します。

  宋さん自身のポリシーとして「自分の目で確かめてないことを
  語るのは嫌だ」というのに基づいて、行かれたそうです。

  まるるちゃんも靖国神社にはでかけたことがあります。
  桜の季節は桜がきれいですし、人々もにぎわっていますが
  そうでない平穏な季節には、とっても落ち着いた空間が
  広がっているよいところです。

  そんな靖国神社の一角に「遊就館」という建物があります。
  こちらにはまるるちゃんはでかけたことがないので
  伝聞および本著の紹介にのみ依存しますが
  ここでは、戦争関連、特に太平洋戦争のころの展示が多いと言います。

   Wikipediaの紹介
  �http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%81%8A%E5%B0%B1%E9%A4%A8

  宋さんが感じた違和感というのは・・・
  心穏やかな宗教施設と、戦争博物館としての展示の
  あまりにも大きな落差だったのではないでしょうか?

  日本を守ろうと戦ってきた若者の英霊に対して
  敬意を表して、尊ぶのは日本人として当然の感情でしょうし
  それは心の自由です。

  逆に言えば、その日本と戦った相手からすれば
  逆の感情を持つことも自由。

  その心の自由を「政治的視点」から一方的に
  相手に「何かを強制」しようとすることが問題では?
  と思うわけです。

  政治というものはある意味、「非情」なものであって
  リアリストでかつ利用できるものがそれをすべて利用する
  という側面があると思います。

  その政治と「宗教」という人々の心の自由が
  つながってしまって一つの問題になっていることが
  ある意味「問題」の根の深さだと思うのです・・・。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『「精神論」のウソ』
  やる気になって全力で打ち込めば
  どんな困難でも打開できる!

  精神論をぶちあげて、組織を引っ張っていこう 
  というリーダーの話です。。

  その精神論を自分自身に関しても 
  適用しているのであればまだいいのですが
  実は・・・・かなり多くのこのようなリーダーは
  自分のことに関しては、その対象外としていると言います。

  例えば・・・
  社員には残業、それもサービス残業を強制しているのに
  自分はちゃんと会社に出てこなかったり。

  「思いやり」が大事!だといいながら
  たばこの煙をとなりの席にまで充満させてしまっていたり・・

  自らの行動を客観的にみれないことが多いと
  宋さんはおっしゃいます。

  その理由として、精神論を好むリーダーは
  「実務」に携わっていないことが多い
  そんな風におっしゃっています。

  精神論を好むということはイコール、、、
  ある「精神」の考え方を人に押しつけるやり方であるとも
  言えるのではないでしょうか?

  「心」の持ち方、考え方というのは
  人によってそれぞれ違っている
  そして「大事なもの」です。

  大事だからこそ、自分の考えていることを
  「相手に押しつける」ことができない!と
  考えるのが普通の精神の持ち主じゃないかな~という
  宋さんの思想にはまるるちゃんも同感です♪

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『日本は本当に環境先進国か?』
  日本は世界の中では環境先進国と
  いわれています。

  過去の公害の経験から、その技術は世界トップクラスで
  車などのハイブリッドカー、例えば「プリウス」などは
  世界的に有名な車ですね。

  たしかに、テクノロジーでは環境先進国な日本ですが・・・
  そのライフスタイルも先進的?

  と言うことを考えてみると、100%YESとは
  いえないかもと宋さん。

  例えば車。
  一人で乗っている人多いですよね?

  4人乗れる車に、一人で乗ることは・・・
  環境負荷を考えると決してやさしいことではありません。

  東京に行くといつも目につくのが
  高速道路というのがたちの悪い冗談と思えるくらい
  混んでいる首都高。

  1台1台の環境負荷が軽くなっているとしても 
  その数字では決してゼロではありません。
  そのことを決して忘れてはいけないのです。

  こういわれると、正しいからこそ
  ぐうの音も出ません(笑)
  もちろん、日本以外の国がすぐれているかどうか?
  これは良い国もありますし、某国のように
  石油をガンガン使いまくっている国もありますから
  一概にはいえませんが、自分たちの意識として
  「環境の技術は先行して、世界に貢献しているのだから
  生活の方はいいでしょ」
  という意識だけはもたないようにしないと。。。

  日本で制定された京都議定書のころよりも
  Co2排出量が増えているのは家庭部門といわれていますからね。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『当たり前だと思うことに「違和感」を感じる肌感覚』
                              
   自分が普通に暮らしていくことから
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 日本人であれば「当たり前」「空気のよう」に
 思ってしまうことも、一歩外から見るとこんなに
 違うんだ。「傍目八目」ということを改めて感じました。

 当たり前。そのようにして思考停止していくことは
 簡単なんですが、その当たり前に感じている
 「不便なこと」「不自然なこと」に宝の山は
 埋まっています。

 e-Bookやビジネス書のノウハウなんかもその一つですね。

 はっきりいって画期的なことは書いていません(笑)
 逆に、みんなが気がつかなかった着目点をみつけだして
 そこから一転突破していく。
  
 そういうことができている良書が
 みんなから支持されて受け入れられていくのでしょうね。

 そのスタートは「違和感」を感じること。
 その違和感を解決する方法を探し出すことなんでしょうから。

宋文洲の傍目八目
宋文洲の傍目八目

関連記事:


 

自己啓発の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.