スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > 史上最高のセミナー [by 河本 隆行 (監修)]

史上最高のセミナー [by 河本 隆行 (監修)]

2006-11-11
史上最高のセミナー 史上最高のセミナー
マイク・リットマン ジェイソン・オーマン ジム・ローン

きこ書房 2006-10-07
売り上げランキング : 700
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/11/11

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『億万長者から学ぶ』

   自分がなりたいモノから学ぼう
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『富への道』   『どんな人間に?』

 『行き渡るほど十分に』   『異なる源』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『豊かさを求めるためには?』
                              
   何が必要なんだろうか?
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『成功を手に入れるのは簡単』
 ▼『すべての人に行き渡るほど十分にある』
 ▼『100パーセント責任を持つ』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『成功を手に入れるのは簡単』
  「成功するためにどうすればいいか?」と悩んでいますか?

  まるるちゃんも悩んでいます(笑)

  
  が、実は悩んでいる度合いが、昔よりも
  少なくなっているかもしれません。

  というのは・・・自分がやるべきこと、自分が決めたことが
  多くなってきていて、悩んでいる暇がなくなってきているからです。

  本著の最初に出てくる有名な思想家、ジム・ローンの言葉に
  「成功を手に入れるのは簡単」であるというのがあります。

  成功とはよい就職口のように、追い求めるモノではなく
  自分自身に取り組むことから始まると。

  どうしてもうまくいかないことがあると
  他に「○○のせいだから」と理由を求めたくなりますが
  それでは結局同じことをまた未来に繰り返してしまう
  可能性がありますよね?

  だからこそ「自分自身に取り組む」
   = 「自分自身を変えるために何か小さなことを始める」

  というところから初めてみたほうがいいということなんですね。

  もう一つ心にとまった言葉が
  「成功できない唯一の理由は、学ぶべき情報を取り入れ
  それをただちに実践しないからなんだ」というのがありました。

  まるるちゃんも、溜まった仕事などをいいわけにしている
  部分もあるので、反省としてこの言葉を
  メルマガに書きます(笑)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『すべての人に行き渡るほど十分にある』
  この言葉を聞いたときに、「何が?」という
  部分には何が入ると思いますか??

  ベストセラー「こころのチキンスープ」の著者
  マーク・ビクター・ハンセンの言葉で
  正解は「豊かさ」です。

  つまり、考えるべきなのは「どれだけ大きなパイの一切れ」を
  手に入れよう!とがんばるのではなく
  「どれだけ大きなパイを作り出せるか?」なんだと
  マークはいいます。

  
  まるるちゃんも昔思っていましたが
  欠乏や制限・不足といった環境に置かれると 
  そこから脱出するのは奇跡でも起きない限り無理!
  なんてことを思います。

  ところが、少しでもその環境から脱出してみると
  今、自分のいるところが当たり前に感じてきませんか?

  そして、さらに上を見てしまいたくなるんですよ(笑)

  
  となると、彼ら億万長者が語るように
  「豊かさは無限に広がる。だからこそ自分だけではなく
   他の人をお金持ちにする手伝いをしたくなる」

  と言う言葉も、本当なんではないか?と
  思えてきているんです。

  マークが語る言葉に「お金とはエネルギーである」
  というのを教えてもらいました

  人間の想像力には限界がないですから
  ポジティブに考える限り、それはどんどんと
  広がっていくんですね。

  お金は貯め込んでいても、価値を生み出しませんが
  社会の中を流れていくと、どんどんとその価値が高まっていきます。

  流れているモノ=エネルギーというとらえ方は○ですね♪

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『100パーセント責任を持つ』
  この章で語られていた言葉に
  「自尊心とはポーカーチップのようなもの」
  と言う言葉がありました。

  というのは、チップをたくさん持っていれば
  より積極的に行動できませんか?

  10枚しかないチップで10枚を賭けるのは
  とっても勇気のいることですが
  1000枚持っている人が10枚賭けるのはなんでもないこと
  ですよね?

  こういうたとえを考えると「なるほど~」とまるるちゃんは
  納得しました。

  2年ちょっと前、初めてフォトリーディングのセミナーに参加するときに
  払った10万円ちょっとの受講料。

  はっきりいって、払い込むまでに1ヶ月以上考えました(笑)
  「このお金の価値を自分はきちんと回収できるんだろうか」とね。

  自分の持っている世界が狭かったからなんでしょうね。
  どうしても守りに入ってしまいます。
  
  でも自分の持っているモノに自信がある=自尊心をもてる
  状況であったならば・・・

  進んでリスクを取ることが出来るようになると思うんです

  最近は、「これはおもしろいかも」と思ったセミナーには
  多少高額であっても結構即決しちゃいます(笑)

  これまで「壁」があったところに対して
  自分自身が100%の責任を持つと決められるようになった
  範囲が広がったのかな~と思っているところです。

  そういう意味で、ポーカーのチップのような自尊心は
  どんどん大きくしていきたいモノです。

  あ、でも「尊大」にはならないようにしますよ。
  恥ずかしいので(笑)

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『自分の自尊心を高めよう』
                              
   よりいろんなことができるようになる
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 マスターマインドと言う言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 そしてこんなことを聞いたことがありますか?
   自分のつきあっている友人10人の年収を平均すると
   自分の年収にほぼ等しい

 自分自身を教育して、教養を高めていくためには
 少なくとも自分の2倍の年収を得ている人とつきあってく
 必要があると本著では説かれています。

 あのアンソニーロビンスのコメントとして
 かれは年に5000万ドルの収入があるそうなのですが
  「私のマスターマインド・グループのメンバーは全員、
  年に1億ドルかそれ以上稼いでいるよ」
 というのがありました。

 ん~やはり上には上が(笑)

 お互いに刺激を与えあえるのがマスターマインド・グループですから
 極端に離れている人とは組むことができません。

 自分の階段を少しづつでも登っていけるように
 常に自分自身を教育していきたいですね!

史上最高のセミナー
史上最高のセミナー

関連記事:


 

自己啓発の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.