スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > 5日で身につく「伝える技術」 [by 西野 浩輝 (著)]

5日で身につく「伝える技術」 [by 西野 浩輝 (著)]

2005-05-31
5日で身につく「伝える技術」
西野 浩輝
東洋経済新報社 (2005/04/08)
売り上げランキング: 637
通常24時間以内に発送

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『伝える能力を高めたい。』

   それが、自分のブランドを築く第一歩
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『場数』   『面白く-わかりやすく』

 『デリバリースキル』   『ダイナミック』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『すぐに身につく効果的な方法とは?』
                              
   少しづつでも高めていきたいですから
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『プレゼンの基本ポイントは、3つ!』
 ▼『プレゼン眼をみにつける』
 ▼『プレゼンは大きく3つの要素に分解される』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『プレゼンの基本ポイントは、3つ!』
  まず、効果的な方法を押さえる前に、基本を抑えましょう。

  土台がしっかりしていないと、建物は崩れちゃいますからね。

  プレゼンの3つのポイントとはこれ!
   1)基礎を体系的に学ぶ
   2)場数を踏む
   3)レビューする(振り返る)

  基本的過ぎですか??

  もちろんこの3つはすぐにできることばかりではありません。

  でも、心構えとしてすぐに身に着けることができるのが3つめの
   「レビューすること」

  つまり、プレゼンをするたびに、「どこがよかっただろうか?」
  「どこが悪かっただろうか?直せるだろうか?」
  と振り返ることなんです。

  西野さんが感動した出来事にこんなことがあったそうです。

  あの著名な、コトラー先生の講演会に参加されたそうです。
  そしてコトラー先生のお話を聞いた後、ご挨拶をする機会に
  めぐまれたそうですが、先生の言葉が

       Any feedback?

  もう達人のレベルですよね。コトラー先生なら。
  そんな先生なのに、貪欲に「レビューをする」
  それも初対面の若造にまで!

  だったらひよっこですらない、まるるちゃんが
  それをしないわけにはいかないではないですか!

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『プレゼン眼をみにつける』
  もしかして「私はプレゼンする機会が少ないから伸びないんだよ」
  と思っている方もいらっしゃるかもしれません。

  たしかに、場数が大事!というのであれば
  その機会が少ないのはまずいですよね・・・・。

  「どこでもそんあ機会はあるよ!」
  それもある意味正しいのですが、そんなあなたにも上達のツテが
  あるんです。

  それは「なぜこの人は話がうまいのか?」を見る眼をもつこと。
  つまりプレゼン眼を養う!ということなんです。

  私もあまり人のことは言えません。
  プレゼンは「場数」を踏んでいないから、下手だよな~と
  思っていました。

  でも、それって「言い訳」にすぎないってことが
  わかりました。

  だって、人のプレゼンを見る機会が全くなかった!
  なんて人はいませんよね?

  それを見て「ここを直したらいいんだろうな~」とか
  「ここがすごくいい!これは自分にも取り入れたい!」
  というところが数多く出てくる人は、それだけプレゼン眼を
  持っている⇒上達できるってことですから!

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『プレゼンは大きく3つの要素に分解される』
  おもしろいプレゼンってどんなものだと思いますか?

  「面白くて、わかりやすくて、上手に表現されているもの」

  この言葉で表すことができますよね?

  そんなの当たり前じゃない?といわれるかもしれませんが
  出来ている人が少ないんです。

  それは、漠然と上記の理想的なプレゼンを実現しようとしているから。
  何をやったらそうなるか!が見えていないんです。

  西野さんはこの理想的なプレゼンを実現するための要素として
  3つの主な要素にプレゼンを分解しています。

   ・コンテンツ - 面白い内容
   ・ストラクチャー - わかりやすい構成
   ・デリバリー - 上手な表現方法

  それぞれの要素が最初の理想的なプレゼンを構成しているので
  要素ごとにレベルアップしていけばいいんです!

  3つの要素がそれぞれ10%ずつレベルアップするだけでも
   1.1×1.1×1.1=1.331
  と30%以上アップするんですから!やってみたくなりませんか?

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『プレゼン眼を磨こう!』
                              
   そのための自らのアウトプットがエンビジであり、ブログでもある
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 昨日の編集後記にも書きましたが、ご縁があって
 本著の著者の西野さんにお会いして、
 そのプレゼンを拝見させていただいてきたんです!

 すごいですよ。
 まるるちゃんはプレゼン眼が乏しいですが、そんなまるるちゃんが
 見ただけでも

   ・笑顔がとても素敵!
   ・ジェスチャーがきびきびしている。そして動作が大きい!
   ・中でも、手を左右に大きく動かすので躍動感が伝わってくる
   ・例えがとても具体的
     誰もが知っている有名なことに例えてくださるので
     事例がわかりやすく頭に入ってくる。
   ・関西弁の西野さんがとても親しみが持てる。
     笑いもとってくださるし

 などなど、すごいプレゼンでした。

 その西野さんにプレゼンの基礎を学ぶことができて、本著のすごさが
 また一段と伝わってきました!!

 今回こんなご縁が得られたのは、
 まるるちゃんが公式セミナー講師デビューする「ビギ直」で一緒に
 講師をする仲間の、長沼さんのご紹介のおかげです。

 この「ビギ直」で、今受けているプレゼンの技術が
 炸裂するかもしれません!
 お楽しみに~。
  → http://www.enbiji.com/met/2005bigichoku.html

5日で身につく「伝える技術」
5日で身につく「伝える技術」


 

自己啓発の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.