スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > 感動力[by 平野 秀典]

感動力[by 平野 秀典]

2004-08-20
感動力
感動力

posted with amazlet at 05.04.18
平野 秀典
ゴマブックス (2004/07/22)
売り上げランキング: 3,485
通常24時間以内に発送

言わずと知れた、私のメルマガ第1号でご紹介させていただいた
私の師匠、平野先生の第2作目です!

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『「人生にドラマ」を生み出すには?』         
┃                            
┃   平坦な人生よりも絶対そちらのほうがいいですね。  
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード
 『当たり前のこと』
 『TIPS ON MAGIC』
 『初心』
 『おもいがけなさ』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『「感動力」をつける魔法は?』            
┃                            
┃  身に着けたい「感動力」を魔法で身につけられるなら! 
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
 ▼『TIPS ON MAGIC』
  魔法のコツは「当たり前のことを堂々とやる」こと。
  例えば、初めて会った人にとびきりの笑顔で「こんにちは」ということ。
  そんなこと当たり前ジャンと思うかもしれないが、今の世の中
  徹底的に当たり前のことができると=希少価値となる。
  そして希少価値は感動を呼ぶ。

  感動は「心の鏡」・「表現力」を磨くことから生まれる。
  なぜなら「表現されない感動はないものと同じ」だから。
  その2つを磨いているか否かが、感性のあるなしに直結する。
  ともに曇ってしまいがちだからこそ、常に心を配らないと
  いけないのでしょう。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『今の自分が過去最高の自分』
  時々の初心忘れるべからずといいます。これはそのときにしかできない
  こと!というのがあるはずなので(たとえば10代なら10代でしか)
  常にベストパフォーマンスを心がける。
  そうすれば、ベストパフォーマンスの積み重ねによって
  今の自分が最高!となるわけです。

  常にベストだったか?と言われると?となりますが、今の自分が過去最高!
  と常に思えるような人生を送ってこれたかもしれない!
  なんか常に「今がいちばんいいなあ!」と。もちろん戻って
  やり直したいこともあるけれど、過去に戻ったままでいたいのではなく、
  修正した後で今の自分に戻ってきたいんです。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『思いの力-夢を作る』
  純粋な思いの力は「思いやり」として昇華して、共鳴・感動を
  引き起こすのです。この過程において「感動」というギフトに!
  そのためには「純粋」に思うことが大事です。
  
  いちずになにかに取り組んでいる人は応援したくなりますよね。
  悪徳なことを考えてそうな人はそういうパワーが働きません。
  「感動力」は「純粋な思い」から表れてくるのです。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
┃ 『当たり前のことを堂々とやる』            
┃                            
┃   もっとも難しいことをチャレンジする        
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 さすがの平野先生。すばらしい本です。
 寺下塾のフォトリーダーの同期・懇親会のメンバーでもかなりの評判です!
 (個人的なお知り合いもいらっしゃるようで、うらやましい(笑))

 本の中で紹介されていた言葉で
   「生きるとは、自分を最大限に表現すること」
 というのがありました。表現するためには自分から何かを発信しないと
 いけません。事件を起こして新聞に載るのを「表現」として捕らえるのは
 悲しいじゃないですか。
 メルマガ・日記をはじめ、だれもが自分の行動を少しずつでも
 表現できるようになっていったらよいですよね♪

感動力
感動力


 

自己啓発の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2019 <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.