スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > No.1理論―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」[by 西田 文郎]

No.1理論―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」[by 西田 文郎]

2005-03-29
No.1理論―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」
西田 文郎
現代書林 (1997/04)
売り上げランキング: 3,282
通常24時間以内に発送

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『成功者続出?』                    
                              
   そんな理論を学びましょう               
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『ブレイントレーニング』   『初心』

 『ウキウキ-ワクワク』   『イメージ力』

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『ウキウキワクワク-初心』
 ▼『No.1とNo.2との違い-心理面から』
 ▼『メンタルヴィゴラス-ストレスのない状態』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『ウキウキワクワク-初心』
  
  「初心忘れるべからず」

  慢心するな!という意味でも使われますが
  実はこんな意味もあるんじゃないかと西田先生はおっしゃいます。

  それは「常にフレッシュに、成功のイメージを描く」
  ことが初心!だということ。

  新しいことをしよう!というときは、明るい未来と
  成功して喜んでいる自分のイメージが描けていませんか?

  そして、そんな未来を想像してワクワクしている自分がいるんです。

  恋愛初期の状態がまさにこれ。
  次はどうしよう?いろんなことを想像して(笑)楽しい時間が
  過ごせるんです。

  でも、結婚して何年もたったり、付き合ってる時間が長くなってくると
  冷めてくるじゃないですか。これって初心を忘れたというより
  ウキウキワクワクがなくなってくるからなんですよね。

  #恋愛では「どきどき」がなくなるともいうかもしれません。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『No.1とNo.2との違い-心理面から』
  
  競技会や大会の1位と2位。順位にしたらひとつしか違いません。

  でも心理面からするとその差は絶大。
  なぜなら、1位を常にとっている人からすると「勝てる」「勝って当たり前」
  なのに対して、2位の人は「勝ちたい!」と思っているじゃないですか。

  この「当たり前」ということをイメージできるかどうかが
  大きな差なのです。

  イメージが頭に描くことができれば、それを繰り返して
  本番ではなぞってあげるだけでうまくいったりしますが
  「勝ちたい」「勝てるかも」という、イメージのままでは
  ちょっとしたことから、簡単に「勝つイメージ」が消失してしまう
  からなんです。

  
  成功の天才ってどんな人なんだろう?と西田先生に聞くと
  「成功していないことを思い続けるイメージ力が天才的な人」
  とのお答えでした。(本からの答えですよ(笑) by まるるちゃん)

  実際に経験(成功体験を)してからのイメージと、
  そうでないままのイメージでは大きな隔たりがあるのは
  メルマガを出す前に悩んでいたことと
  出してから気づいたことがぜんぜん違った!
  というまるるちゃんもそうですからお分かりいただけると思います。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『メンタルヴィゴラス-ストレスのない状態』
  
  「メンタルヴィゴラス」とは西田先生によると
  【感情】【イメージ】【思考】の3つともがプラスになっていて
  ストレスを感じていないことをあらわします。

  なにもしないでほっておいて、常にそんな状態になれる
  天才的な人はなかなかいませんよね?(笑)

  みんななんかの悩みをもってしまうから。

  そこで、マイナス思考になってはいけない!!なんてことはなくhて
  100回マイナス思考になってもいい!でも101回プラス思考になろう♪
  と教えていただきました。

  マイナスになるたびに、それを上書きするようなプラスのイメージを
  描くことが出来る人こそが、その先の未来を得ることができるんですね。

  「ますます自分は良くなる!」と思えるかどうかが分かれ道。
  ただのバカみたいな「プラス思考」ではなく
  マイナスなことも考えた上で「やっぱり自分は良くなる!」と
  考えられるイメージの力をみにつけたいです。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『ますます自分は良くなる!』              
                              
    常にプラスのイメージを持てる力を!         
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 西田先生の3作の著作のご紹介もこれで3作目。
 発行順番とは逆に読んでいますが(^^;;)

 これまでご紹介した2作は 
 ●人生の目的が見つかる魔法の杖
 http://www.enbiji.com/archives/2004/07/post_104.html

 ●面白いほど成功するツキの大原則
  http://www.enbiji.com/archives/2004/11/post_33.html

 後藤さんが絶賛するのも納得です。

 実は今回の本の中に、テストが入っています。

 プラスイメージをどれだけ持つことができるか!という
 テストですが、やってみたところ、まるるちゃんは「13点」でした。

 え?100点満点じゃないの?それじゃ赤点じゃない??

 いえ、一応20点満点のテストで、あの桑田選手が17.5点で最高なんだ
 そうです。さすがの桑田さん!
 
 で、プロ野球の1軍選手の平均が12.8点、Jリーグの選手が11.6点
 というから、まるるちゃんは実はとても楽観的な思考の持ち主?(笑)

 確かに、創刊した『エンビジ』も、すでにすばらしいライバルが
 #なんておこがましいですが
 結構いる苦しい分野といわれつつも、自分なりの切り口でやっていくぞ♪
 とがんばってきて、これからも「もっともっとよくする!」
 と思ってますから、あなあがちはずれではないのかもしれません。

 真の「プラス思考」を身につけられるようにこれからも
 がんばって&楽しんでやっていきます~。

No.1理論―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」
No.1理論―ビジネスで、スポーツで、受験で、成功してしまう脳をつくる「ブレイントレーニング」


 

自己啓発の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.