スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > ユダヤに学ぶ世界最強の勉強法

ユダヤに学ぶ世界最強の勉強法

2004-12-01

●ユダヤに学ぶ世界最強の勉強法―わが子を億万長者に育てる方法
和田 秀樹 (著)
http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4828411593/maruruchan-22/ref=nosim

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『ユダヤに学ぼう』                  
┃                            
┃   世界を支配しているとも言われています       
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード
 『お前はできる!』
 『親孝行』
 『疑う力』
 『投資-教育』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『ユダヤの勉強法とは?』               
┃                            
┃   本のタイトルそのまんまですが、これが聞きたい   
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
 ▼『成功を確信する』
  自らを信じることができない人は、人からも信じてもらえない
  といいます。

  では子供が自分をどのようにして信じれるようになるか?
  
  これは親が「お前はデキル子だよ」「お前のことを愛してるよ」
  ということを常に示してあげること。
  これを繰り返ししてあげることで、「もっと!」という心が
  子供の中に芽生えたとき、健全な野心が育まれるんです。

  で、じゃあそんな思いが育たないまま大人になってしまったら?
  
  私は思うのは自分にとって大事な人が、同じことをしてあげられる
  んじゃないかと思うんです。
  子供のころほど素直に染み込まないかもしれませんけどね。

  そういう意味で自分はまだ「ほめる」ことがなかなかできないのが
  まずいなあ~と思っています。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『競争する-劣等感は根源的なエネルギー』
  競争がない業種は、価格が下がらないっていいません?
  だから「過度の独占」は法律でも禁止されていますよね。

  前に競争のない学校!というのが一時期話題になりました。
  なんでも運動会の競争でも順位をつけずに、みんな同時にゴール!
  みんな1位なんだそうです。

  これってどう思います?
  なんかおかしくないですか?

  「機会の平等」と「結果の平等」を混同しているんだと思います。
  「機会=Chance」の平等は保障されるべき(100%ではなくとも)
  だと思いますが、結果は個人の持つ能力、努力などで
  差が付いてもおかしくないんじゃないかな?と。

  あいつにだけは負けたくない!という思いは、
  必ずエネルギーになると思うんです。
  健全な劣等感はいつも持っていたいなあと思うんですよ。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『詰め込み教育+α:疑う力』
  詰め込み教育は良くない!とはいいます。
  それは、詰めるだけ詰めて、使おうとしないからなんですよね。

  「知らないことは疑えない」そうなんです。
  知らないことに関しては疑問も持てないし、考えることもできない。
  
  教育の定義って何?と考えたときに
  「自ら考え、行動する人間を作ること」と言ったのが
  かの有名なアインシュタイン。
  考えるための前提、栄養としての知識なんだと思います。

  そして、知識を知識だけにとどめないためには
  「これは本当はどうなんだろうか?」と疑ってみること。

  試験の解答と違って、問題に対する答えはひとつじゃないんです。
  1個目を考え終わって、「だめだったからこれはだめ」
  とあきらめるのではなく、2個目・3個目と考え続けていく
  知的体力を身につけたいものです。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
┃ 『疑う力を身につける』                
┃                            
┃   決められたレールの上に乗っているだけでは     
┃   いつか脱線する                  
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 この本は、尊敬する後藤さんにお勧めいただいた本です。
 本を見て「あ、これって子育てしている親への本だったんだ」
  (副題を見ないで買っちゃいました)
 と知ったのですが(笑)自らの勉強法として読んでみました♪

 東大生は「頭が固くてだめだよね~。官僚とか見てるとさ」
 とはよく言われますが、東大に入ることだけで満足して
 燃え尽きてしまった人、勉強することをやめてしまった人が
 だめなんですね。

 常時勉強をし続けること、そしてそれを机上の空論だけじゃなく
 人からの受け売りだけでなく、自分のものにし続けることが
 できる人はどこの大学であろうと、大学をでてなかろうと
 自分で人生を切り開いていけるんだと思います。
 
 後藤さんが出されているメルマガはこちら。
『ちんちんかもかも 誘惑大全  …人は何故魅了されてしまうのか!?…』
  → http://www.goto-yoshinori.com/

 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
  **この本の効果発揮開始はこれくらいからだ!=2年~**

 学校の勉強が嫌いだった人でも、人生の勉強はいろいろ楽しいはず
 ★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

●ユダヤに学ぶ世界最強の勉強法―わが子を億万長者に育てる方法
和田 秀樹 (著)
http://amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4828411593/maruruchan-22/ref=nosim



 

自己啓発の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.