スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > 「稼ぐ」脳 “医学的”に一番正しい脳の使い方 [by 米山 公啓 (著)]

「稼ぐ」脳 “医学的”に一番正しい脳の使い方 [by 米山 公啓 (著)]

2005-10-13
「稼ぐ」脳 “医学的”に一番正しい脳の使い方
米山 公啓

秀和システム 2005-08-31
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る by G-Tools
posted at 2006/01/05

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
  『稼ぎたいよね(笑)』

   たぶんあなたもそうじゃないでしょうか??
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『オリジナルを発揮』   『結びつける発想』

 『評価されたい』   『行き詰まり-限界はあるのか?』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
  『稼ぐ脳に変えるには??』
                              
   今の脳の仕組みを入れ替える必要があるかもしれません
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━あらすじ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『アイデア:ショートさせる』
 ▼『行き詰まりを打破する』
 ▼『動機付け-快感』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『アイデア:ショートさせる』
  「必要は発明の母」
  こんな言葉を聴いたことがある方は多いと思います。

  そう、すべてが満ち足りた世界にいる人には発明というものは
  ありえないのです。
 
  ですよね?だって何も困っていないし、求めているものもないのですから。

  もう何度も聞いたことがあるかもしれませんが
  アイデアというものは、何にもないところからまったく新しいものを
  生み出すということはまずほとんどありません。

  なぜ?

  それは、火がないところに煙が立たないというのと同じで
  なんのトリガーもないところには「発想」が浮かびませんからね。

  では、アイデアを生むにはどうすればいいのか?

  それは
      【ショートさせる!】ことなんです。

  理系のあなたには「にやり」と来ているかもしれません(^^;;)

  普段「ショートする」とは、例えば電源回路の中でつながっては
  いけないところがつながってしまう、いやな意味で使うことが
  多いですものね(笑)
 

  でも、ここでは文字通り「結びつける」という意味でつかっています。

  自分の脳の中にある【経験】【知識】は単独で存在しているだけでは
  アイデアとしての意味はありません。
  すでに他の人も知っていることですからね。

  でも、これを結びつけることができたら・・・・・
  それは新しい【アイデア】なのです!

  
  【エンビジ】もまさにそうですね。

  書評メルマガ、エンジニアとそれだけ単体では世の中にありふれて
  いたものですが、くっつけてしまったら・・・・・

  おもしろいことになりました(笑)

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『行き詰まりを打破する』
  「ネタがないよ~」

  メルマガ・ブログの作者の方だったら一度ははまったことがある体験かも
  しれません・・・(爆)

  まるるちゃんも最初のころは四苦八苦してメルマガ書いていました。

  でも、あるとき気がついたんです。

  それは・・・・

   
   【書けば書くほど新しいテーマが出てくる!】

  ということに。

  例えばあるテーマについてかんがえます。
  で、一つ書いてみるじゃないですか。

  すると・・・「考えること」=>創造性を生み出して
  また新しい思考回路ができあがってくると米山さんはおっしゃいます。

  例えばまるるちゃんの場合でも、一つの本を読むことによって
  自分の思考が少し進化していると思うんです。

  今、バックナンバーの整理をしていたりしますが
  昔の文章を見ていると、とても加筆したくなって、加筆していると
  なかなか進まない(爆)

  あとは読者のあなたからのご感想。
  これもまるるちゃんの思考を引き出すめちゃくちゃ大きなエネルギーです。
  
  「おお、こんな見方もあったんだ!」
  
  なんてことに気がつかせてくださいますからね♪

  ですから、忘れてはいけないことは
    【目標に向かう意欲】=考え続けること。

  これをもっている限りは、そう簡単にはネタ切れにはならん!
  ということみたいです♪

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『動機付け-快感』
  さて、稼ごう!とはみんな思っているはずなのですが
  そのためにやらなくてはいけないことを
  続けるにはどうすればいいんでしょうか??

  それは・・。その行動を「快感」と結びつけることです!

  なんどか【エンビジ】でも触れたことがありますが
  「マズローの五大欲求」というものがあるのをご存知の方も
  多いと思います。

  その中欲求の中でも「人から評価されたい!」という
  欲望は誰にでもありますよね?

  だったら自分のやっていることが、人から評価されること
  それがひいては「稼ぐ」につながるような構造を作ってしまえばいいのです!

  まるるちゃんの場合、【エンビジ】を続けることで
  感謝のメールをいただくことも多数あって
  ある意味「周りから評価いただく構造」を作っているのかもしれません。

  ただ、稼ぐ構造にはなっていませんが(笑)

  そのあたりは、おもしろいビジネスモデルがつくれればいいな~
  と思って動いているところです。

 
  なにせ、【エンビジ】をだして成長させていくことは
  まるるちゃんにとって「快」ですから
  そのエンジンを回していくことに苦痛はないわけです♪

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
  『自分にあった仕事をする』
                              
   稼ぐ「仕事」が快感でなければ、稼げない
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★
 
 ベリーシンプルな結論です(笑)

 稼ぐには「不労所得」「お手軽に月収●●万円」
 なんて言葉が踊っていたりしますが・・・

 その状態になるまでには、必ず裏で死に物狂いで
 もがいて、もがいてその結果として表に見える
 華やかな世界があるんですから。

 ということは、まずその状態になるまで
 「やるべきこと」を地道にやらないといけません。

 でも、その「やるべきこと」が嫌いなことだったら 
 続けられますか??

 そんなMな人には今回の本著は役に立ちません(^^;;)

 

 まるるちゃんは、【エンビジ】を書くことが『快』であるから
 続けられています♪

 で、今地道にいろんなことをやっているわけです(笑)

 

「稼ぐ」脳 “医学的”に一番正しい脳の使い方


 

自己啓発の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.