スポンサードリンク
サイト エンジニアがビジネス書を斬る! > <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! > 自己啓発 > チャンスと出逢うための 人脈大改造 フツーの人でも成功できる実践法則[by 後藤 芳徳]

チャンスと出逢うための 人脈大改造 フツーの人でも成功できる実践法則[by 後藤 芳徳]

2005-03-17
チャンスと出逢うための 人脈大改造 フツーの人でも成功できる実践法則
後藤 芳徳
現代書林 (2005/03/03)
売り上げランキング: 161
通常24時間以内に発送

著者インタビューをお送りした後藤さんの最新刊です。

インタビューはこちらで。
【読書編】
【人脈編】

★━━━こう思ったら読め!━━━━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『人脈作りのためには?』               
┃                            
┃   何事をやるにも1人ではできません         
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆気になったキーワード

 『自分の価値図』   『ステップアップ・スパイラル』

 『必要人脈』   『価値交換』

★━━━━本の著者に聞きたいこと━━━━━━━━━━━━━★
┃ 『成功するための人脈作りは?』            
┃                            
┃   あやふやな「人脈」づくりではなく         
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

☆本から得た気づき
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ▼『ピンチもチャンスも人がつれてくる』
 ▼『ゴールを具体的に描こう-人脈設計図』
 ▼『ステップアップ・スパイラルをつくる』
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ▼『ピンチもチャンスも人がつれてくる』
  
  もし、1人で無人島にいたら、、、、???

  「退屈」です(爆)

  自分以外に誰もいないのですから、変わることといえば
  【環境】つまり、朝だったり夜だったりすることや気候だけ。

  ただ単調な日々ですよね(笑)

  でも、他に人がいると違うんです。
  お互いの協力で、うまいことおいしい魚が採れたり
  逆に喧嘩してしまって、森に衝動的に逃げ込んだら怪我をしたり・・

  想像するだけでもいろんな変化がありそうですよね。

  何か出来事が起こるときは、必ずといっていいほど「人」が
  介在しているんです。
  
  そして、先に人間関係ができていれば、物事は【加速】します。
  いろんなことがうまくいき始めるんです。

  人間関係を作るよりも、先に売り込みや自分の利益を考えちゃう人が
  いますが、それってうまくいかない道を自分から歩んでいるような
  ものです。

  だって、「人」を遠ざけているんですから。

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『ゴールを具体的に描こう-人脈設計図』
  自分の今の人脈を書く=「人脈図」。
  自分の今もっている価値を書く=「自分の価値図」
  をまずやってみましょうと後藤さんはおっしゃいます。
  
  そして持たなくてはいけないのは、「自分のゴール」
  
  一体何をやりたいのか?
  ということです。

  このゴールがあるからこそ、今の人脈に一体何が足りないんだろう?
  という「人脈設計図」を描くことができるんですね。

  ゴールがなければ、せっかく作った人脈が、実は未来の自分には
  役に立たなかった!ということは往々にして起こります。

  スキーに行きたいのに、スキューバーダイビングの道具が
  必要ないのと同じですよね?(^^;;)

  自分のやりたいことにとって集めなければならない人を
  集める。そのためにはより具体的に「5W2H」で
  ゴールを設定するというのが後藤さんのおっしゃること。

  2H?1Hならば英文法で聞きますよね「How?=どうやって?」と。
  
  もうひとつの「H」は「How much?=費用は?」
  ということを頭に入れないと、ただの夢になってしまうということ。
  ここまで落とし込めれば、あとは実行するだけですから。
  

  - – – – – – – – – – – – – – – – – –
 ▼『ステップアップ・スパイラルをつくる』
   
  友達の年収を平均すると、自分の年収になるとよく言われます。
  それだけ、同質の人間が集まりやすい!ということなんです。

  するとそこが居心地がいいから、それ以上を目指そうとはなかなか
  思いません。
  だって環境がそうなんですから。

  ということは逆に、「上を目指そう!」という一度同士で集まることが
  できれば、上を目指すことがあたりまえになるってことですよね?

  「お互いにリスペクトできる関係を作ろう!」とことを
  後藤さんがおっしゃっています。

  お互いがそれぞれが持つ分野で尊敬しあうことができれば
  自分だって!とお互いのステージを引き上げることができますよね。
  
  もし、あなたが会社の社長であれば、そのような関係を
  社内で作るのが理想的。
  そうでないと、社長がすべてをひっかぶる組織になってしまいます。
  
  そしてこれは会社に限らず、小さな組織でもいえますよね?
  なんでもかんでも、自分でやってしまうリーダーではなく
  積極的に、物事を考えたいという部下を作ることができれば
  リーダーだって、成長するんです♪
  
  今日、そんな後輩がいたので、とてもうれしくそして頼もしく思いました。

★━━━この本を読んで自分が決意したこと━━━━━━━━━★
┃ 『ステップアップ・スパイラルにチャレンジする』    
┃                            
┃  常に高めあっていける関係を作ってみる        
★━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━★

 すでに、後藤さんのことは特集号で配信しているので
 ご存じない方はいないと思いますが
 この本、いままでの後藤さんの本の中で最も良い!
 と、まるるちゃん的には思います♪

 インタビューで垣間見せていただいたのは、ホンの一端だったんですね。
 
 それはなぜなら・・・・・・
 聞き手(=まるるちゃん)の能力の問題だと思います~。

 お互いに高めあっていく関係を作ろう!と無意識に動き出したのかも
 しれませんが、今、書評メルマガを書いている仲間達と
 キャンペーンを始めています。
  http://www.enbiji.com/met/camp_ma.html

 このキャンペーンから、また一段と世界が広がった気がします。
 一度広げた世界を、企画が終わったからといって縮小させるのではなく
 一段高いところへ上れるように、そのきかっけとしたい!と
 思っています。

 いままでの読者のあなたも、新しい読者のあなたも
 ぜひ、これからもよろしくお願いいたします。(ぺこり)

チャンスと出逢うための 人脈大改造 フツーの人でも成功できる実践法則
チャンスと出逢うための 人脈大改造 フツーの人でも成功できる実践法則


 

自己啓発の関連記事

サイト内検索



▼ 特別レポート

20000名以上が読んだ
人気レポート。

成功する頭の使い方とは?
10倍の時間をかけずに、
10倍成功するには?
を無料でプレゼント!

*レポートご請求の方には
当サイトよりの情報配信を
させていただきます。
詳細はこちら

タグ

Copyright© 2005 - 2022 <自己啓発版>エンジニアがビジネス書を斬る! All Rights Reserved.